老眼 目の疲れ

老眼が始まり目が疲れるようになってきてしまった…

今までメガネなんて掛けたことも無かったし、パソコンをしていて目が疲れるなぁということはあったけど、年齢のせいか「見づらい距離」が出てきた…。

 

という方は、老眼が始まってしまったのかもしれません。

 

近くが見づらい、ピント調節がすぐにできない、書き物をする時にいつもの姿勢では文字が見にくい、なんてことが出てきます。

 

コンタクトレンズや長時間の目の酷使で、頭痛やドライアイやかすみ目などの症状に悩まされる人が多い中、「スマホ老眼」なるものが日経新聞でも掲載されていました。

 

現代のIT社会では、目の疲れは切っても切り離せないものとなっていますね。

 

しかし老眼はパソコンが普及する前から、年齢とともに症状が出てくるのが老眼です。
「目が悪い、視力が低い」状態とは何が違うの?と思いますよね。

 

原因を簡単に説明をします。

 

近視・遠視…近くや遠くのものを見続けることで、水晶体と呼ばれる「レンズ」の厚みを調節する筋肉、毛様体筋が固まってしまう。その状態を長く続ければ続けるほど症状は進行し、重度の場合は眼球自体がラグビーボールのように楕円状になる。これには遺伝の場合もある。ピントが一時的に合わなくても、時間の経過で回復する事が多い。

 

老眼…年齢とともに水晶体の弾力性が減少し、ピントを調節できなくなってくる。弾力性が減少するのは、老廃物の蓄積とも言われている。また、水晶体に弾力があっても、それを伸び縮みさせる毛様体筋の筋力が低下することでも症状が出る。近視とは違い、時間が経過しても回復しない。

 

 

つまり「近視は眼精疲労」、「老眼は老化」という悲しい現実です…。

 

今まで眼鏡を使っていなかった人が、老眼鏡を掛けるのはなかなか勇気が必要かもしれませんが、誰もが通る道です。無理をすれば余計に悪化してしまいますので早めの対策を取りましょう!

 

目が乾く、疲れる、老眼に効果的なサプリメントはコチラ!

 

 

老眼鏡をいざ掛け始めたら、疲れる!?

 

いままで眼鏡を掛けていなかった人、ずっと眼鏡を使っていた人「老眼鏡って疲れる!」と思ったことありませんか?

 

眼鏡を掛けたことがない人は、視界に入って邪魔!耳が痛い、めまいや頭痛がする!と症状を訴える人が出てきます。
眼鏡を使っていた人でも、近くと遠くを見るために眼鏡を掛け替えないと行けないのが疲れる、面倒!という声を聞きます。

 

また、今では百均などでも老眼鏡を売っている時代ですので、手っ取り早くそれで済まそうとすると、自分の度数と合わずに疲れてしまう、なんてこともあります。

 

外を歩いたりする時には必要ないけど、買い物をする際に金額や賞味期限が見づらい、だからかけっぱなしにするけど、めまいがしたり視界が揺れて気持ち悪くなったり。

 

老眼になったから老眼鏡を掛ければ万事解決!とは行かないものです。
なるべく眼科で自分に合った老眼鏡を購入し、首から下げておいたりできるチェーンなどを付けて、必要なときだけ掛けるようにしましょう。

 

症状が悪化する前に、目のケアができるサプリメントや、目に良い食事などを心がけることが大切なのかもしれませんね。

 

 

老眼は治療できるの?手術?薬で良くなるの?

 

技術の進歩は凄まじいもので、近年では老眼も手術で改善させることができるそうです。

 

手術にはレーシックや眼の中にレンズを入れ矯正する方法などがあります。眼科ではその方の生活や眼の使い方に合わせた手術を提案してくれますので、気になる方はまず適性検査を受けてみましょう。
年齢とともに白内障などの症状が出ている方は、同時に白内障の手術を行うこともできるそうです。部分麻酔で、時間は15分〜と短時間で終わる場合もあります。
また、中にはメスを入れずにできるCKという、ラジオ派を当てて行う手術もあるそうです。
殆ど保険適用にはならないですが、医療費控除などで還付する可能性もありますよ!

 

五感に支障が出ると、ストレスもどんどん加速してしまいます。
健康で楽しく生活するために、早め早めの対策を取りましょう!

 

なるべく老眼鏡を掛けたくない!ブルーベリーよりも強力なサプリはコチラ!